FC2ブログ
■2013年10月

■ボールを奪う&いい選手について

2013年10月14日

鈴木監督がL、SLクラスでボールの奪い方について指導をしました。

自分がマークしている選手との距離、そしてゴールと相手の間の自分の位置取りが重要になってきます。

つまり、ボールを奪える選手は、その前にボールを奪う為の良い準備をしていますが、
パスを出させない守備をしています。
パスがこなければ一切目立ちませんがチームの非常に貢献度の高いプレーです。

この練習から導きだされたよい選手とは「目立たないプレーをしている地味」な選手です。

ついでに攻撃の時にも
キチンと味方のパスコース及びスペースを作る為に走っています。
これもパスがこなければ目立ちませんが、最高のチームプレーです。

選手がゴールを決めた、ドリブルで抜いたプレーは目立つプレーなので
わかりやすいのですがその陰で貢献度の高いプレーをしている選手がいます。

そういう地味なプレーを見てあげられるとよいですね。

詳しい指導方針は「大崎の道より」

プロフィール

大崎サッカークラブ

Author:大崎サッカークラブ
横浜市磯子区・金沢区で活動している少年サッカークラブ「大崎サッカークラブ」

練習試合申込み&体験申込

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR